ビデオ楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 最高齢者からの電話に感動!

<<   作成日時 : 2012/10/14 20:48   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 過日、信州に住む私の知り得る範囲での最高齢者の奥方から、主人がどうしても都築さんに電話したいと云うので・・・主人と変わりますと電話があった。 元大明化学工業(株)の創業者・池上房男様からであった。

 ご本人は補聴機の世話になっているらしく、電話に出ると元気そうな声で色々な話をされ感動的な電話でした。 その後写真のとうり伊那毎日新聞社編著「欅のように=池上房男氏の足跡」と題する立派な本を、有難いことに戴きました。



  本に掲載の写真から・・・                             ご夫妻で撮られた写真も・・・
画像画像
















画像 奥方様の話では本年3月、お陰で主人は99歳の白寿を迎え、今でも腰を曲げることなく趣味の養蜂で蜜蜂の世話をしており、また敬老の日に因んで村長さんが訪ねてきて、内閣総理大臣賞と銀杯、県知事からもお祝いの記念品と賞状を戴いたそうです。
 伊那毎日新聞編著によると、企業経営は「目的と手段を取り違えることなく、社会の存在価値は常に人のためにある」を心掛け、大地にしっかり根を張る欅を何より好み、こうした立派な長寿人生を支えてこられるのも、陰で支える奥方様のご尽力があればこそで、最高の尊敬に値すると思います。

←写真は心ばかりのお祝いを贈ったお返しの、木曽うるし工房作、ケヤキ材による夫婦汁腕


翁像は身長26cm 重量6.5kgもある立派でズッシリしたもの
画像 氏は県立長野工業電気科卒後、矢作水力電気株式会社・(株)日立製作所を経て、大明化学工業(株)を創業、アンモニウムミョウバン・アルミニュムの製造等を手掛け、特に浄水剤ポリ塩化アルミニュウムの企業化に成功して水道事業に大きく貢献。 昭和43年東村山市に東京工場を建設、昭和60年藍綬褒章を受章、他にも数々の個人表彰を受賞されている。  また長野県人事委員会委員・長野県経営者協会スーパーバイザー委員長ほか多くの公職歴を持ち活躍してこられた。
 私とは同社が東京工場進出時、用地取得に当り地主交渉を側面から応援協力して以来の知り合いで、左の写真は藍綬褒章を受章された時の記念品の「翁像」です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最高齢者からの電話に感動! ビデオ楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる