リーエンさん小江戸川越へ(放映中)

画像
 東村山市(東京都)とインデペンデンス市(アメリカのミズーリ州)が姉妹都市を結んで、平成20年満30周年を迎えました。毎年引率者と10名の交換学生が、相互に親善訪問し、ホームステイしながら異国の文化と生活習慣を体験し、今日に至っております。






画像
 クリスマンハイスクールの学生リーエンさんは、日本の歴史に興味があると云うので、ホストフアミリーの家族とともに、小江戸川越を訪れました。その時のショートムービーです。
URL   
http://eyevio.jp/movie/241115





三芳野神社の「わらべ唄発祥の所」                江戸と川越を結ぶ舟運ルート新河岸川
画像画像











川越喜多院の多宝塔                        川越喜多院客殿の枯山水庭園
画像画像











川越城本丸御殿の前で                       クミちゃんナナちゃんと川越の街を行く
画像画像











好奇心旺盛で回転寿司に挑戦                   文化財「時の鐘」の下でホストフアミリーと
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年03月15日 14:07
小江戸川越へのリーエンさんはさぞかし楽しい日になりましたね。お世話した鈴木さんファミリーには頭が下がりますね。(勿論ビデオ楽しさんはそれ以上)私は埼玉にいて川越の歴史はわかっていないのにリーエンさんはさぞかしいろいろ勉強をして訪れたのでしょうね。すばらしいビデオを拝見して三芳野神社の「わらべ唄発祥の所」に有るのも私は知りませんでした。ところで菓子屋横丁へ行ったようですがリーエンさんは何か珍しいものに興味を示し買い求めましたか、回転寿司へ行くとは驚きですね良く気が付き連れて行きましたね。こうしたホームスティーのお世話は本当に大変ですね。また、受け入れた鈴木さんにも頭が下がります。すばらしい川越の散策ビデオありがとうございました。









 
 
2009年03月15日 21:22
リーエンさんは歴史ある川越を見て歩き日本の文化に触れることが出来有意義な日々を体験されましたね。
寿司は今でこそ主要国では珍しいものではなくなりましたが本場の日本での回転寿司の体験も楽しい思い出となった事でしょうね。
ビデオからの写真が綺麗で並べ方もいいですね。
映像も3分と言う限られた短い時間に良く纏められています。
ネット公開にはこのくらいが丁度いいと思います。素晴らしい!
2009年03月15日 22:15
野次喜多日記さん今晩は! 日本はアメリカと違って全てサイズが小さいようで街の家並み、道路、それに人混みに驚いていました。回転寿司は初体験のようで、生ものは進んで食べませんでした。受け入れホストは子供さん達に良い刺激になったと云ってました。
2009年03月15日 22:28
ミニミニさんコメント有難うございます。川越は徳川幕府と関係が深いことを私も改めて知りました。回転寿司は選べるのが珍しかったようで、生ものは敬遠気味でした。写真選びに対するご意見有難うございます。ビデオのネットUPは短い方がどうも良さそうですね!
2009年03月16日 01:25
今日は。
このビデヲ、やっぱりすごく上手くまとまっています。
ホームステイを受け入れたり(海外生活をしても)、日本の文化を改めて見直すいいきっかけになります。
ベルギーでもすしはスーパーで「SUSHI」として売っています。
回転ずしは、まだ“もどき”しかありません。
2009年03月16日 22:44
本読みと山歩きさん今晩は! 日本では夜中の1時25分受けでしたが、遥か遠いベルギーからコメント有難うございました。ブログUP用に3分で纏めましたが感心をお寄せ頂き恐縮です。ベルギーにも「SUSHI」が売っているとは驚きです。私もニュージのクインズタウンで外人が握る寿司店で、生ものの扱いを心配しながら食べたことを思い出します。
2009年03月17日 21:53
30年も続いている姉妹都市との親善交歓会、素晴らしい事ですね。お互いに文化交流を深めて人間形成に役立てているのですね。この風景をビデオでおさめているビデオ楽しさんはバックアップ役として素晴らしい事だと思います。
2009年03月17日 22:44
信徳さん励ましのコメント有難うございます。我が家でも子供等が高校生だった27年前から3回程、ホストファミリーを引受けた縁で今日なお親善交流に係わっています。ホームステイ中は言語をはじめ食事や習慣の違いで、家内は後々夢中だったと述懐してますが、若かったから出来た事で、このドラスチックな体験は家族の人生にプラスだったように思います。

この記事へのトラックバック