ビデオカメラの変遷

画像 ビデオ映像は、当初8ミリフイルムからスタートし、これにシネスコレンズを取り付け、シネマスコープ映像を楽しんできた(下段のカメラ)。 その後テープ式に変わり映像が安定した上ハイビジョン化、更に「DVカード式」に変化しDVD及びHDVはより一段と精細画面に進歩、テレビと同様綺麗な映像が今日では当たり前になってきた。
='13.6.29UPのブログを参考参照乞う。

←写真はビデオカメラの保存庫
 「上段 左:キャノンの テープ式撮影機FV2 中:キャノンのDCカード式ハイビジョンHF S21(現在使用中のカメラ) 右:ソニーのテープ式TRV-50」
 「中段 左:ソニー テープ式TRV-900 中:ソニーHi8 CCD V-900 右:ソニーA1J HDV-1080i」
  [下段左:望遠とワイドレンズ 中:ヤシカ8 フイルム式カメラ 右:キャノンHV10 テープ式カメラ]



 8ミリフイルムカメラ=ヤシカ8 シネスコレンズ装着           テープ式のソニーTRV-900とキャノンHV-10
画像画像









 ハイビジョンのテープ式ソニーHi8 CCD-900         現役のハイビジョン=DCカード式キャノンHDV・HF-S21
画像画像








*DVDの作品=延べ1,016本  HDV=延べ350本  合計1,366本

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年11月24日 20:32
懐かしいカメラの数々を保管庫に入れて大切に保存されていますね。
8㍉カメラは確か3分しか撮影出来なかったと思います。それに比べると今は画質も良く時間を気にせずに撮影に専念できることは隔世の感があります。
私もTRV-900は気に入っていたカメラです。
2013年11月26日 11:35
ミニミニさん何時もコメント有難うございます。 ゼンマイ駆動でシネスコレンズを取り付けた8ミリフイルムビデオカメラは、南北中央のアルプスには必ず持って行き撮影したので、大変懐かしく且つ味わいがあります。 今は飾りもので使いませんが・・・でもHDVに録画したDVDは今でも時たま見ることがあります。。

この記事へのトラックバック