8ミリ出始め頃の映像等

画像画像









画像画像画像







 私が高校生の時(終戦間もない昭和23年頃)廃墟の中で大自然の山に魅せられ、山岳部を創設し
登山を始めたが、その後暫らくしてから8ミリフイルムカメラが出現、以後スッカリこれにハマり込み、今日の
ビデオに至るまで映像を楽しんできた。 今回はその出始めの頃を振り返ってみた。

 上の2枚は8ミリシネスコレンズを取り付けて撮影した当時流行りのシネマスコープタイトルと「谷川岳」タイトル。
 次の3枚は8ミリで最初に撮ったモノクロの「奥多摩ハイキング」のタイトル(後にタイトルのみカラーに付け
替え)・中はその時バッテリーでなくスプリング式駆動の8ミリフイルムカメラ・右はその後ビデオに変わりビデオ
クラブでの先生蔦林監督推挙:クラブ内年間大賞のテロップ紹介。


(最近のビデオは16:9のハイビジョンが当たり前の高画質)(8ミリカメラレンズにシネスコレンズを取り付けた状態) 
画像画像








(ハイビジョンビデオの「道楽も色々」のタイトル) (山岳ビデオ公開上映会は中野ZEROホールで)
画像画像









画像
 「私の登山関係ビデオを1枚のブルー
レイ版(凡そ2時間のビデオ)に納めた、
ダイレクトプリントの表示です。
 8ミリフイルムのシネスコ映像は「画質
悪くなにこれ!」と云った感じですが、そ
れでも一生懸命だったような気がします。 
 家内も良くここまで登ったなと感心する
この頃です。

←クリックすると拡大し見易くなります。

"8ミリ出始め頃の映像等" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント