テーマ:名所旧跡

八国山の将軍塚

 我が東村山市の北端・埼玉県境に狭山 丘陵があり、その東端はその昔鎌倉街道 に接していて、新田義貞が鎌倉攻めの時、 ここに陣を張った場所といわれ、将軍塚の 石碑が建っている。  私の気が向いた時の散歩道です。 ←写真上をクリックすると大きくなります。   熊笹に覆われた部分の尾根道         …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

たまに行く荒幡富士

 明治17年100戸足らずの荒幡村民が、富士講のシンボルとして16年かけ凡そ1万人動員し、土石を運んで築き上げた(高さ凡そ18メートル)と云う、東京近辺随一と称される「荒幡富士」です。  麓には浅間神社も建っていて、ここから本物の富士山を初め奥多摩の山並等360度の展望が素晴らしく、小学校の遠足で良く行きました。 ←写真は頂上か…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

多摩湖下貯水池の堤防

 「都民の水ガメ」として多摩川から水路を引き、狭山丘陵の一角に大正13年4月竣工の村山上貯水池が、昭和2年4月に村山下貯水池が完成、西武電車東村山駅から西武園駅までの単線が開通、近隣の観光地として大変人気があり親しまれている。 上下二つの多摩湖貯水池には春に沢山の桜が咲き、小学校の遠足は決まって広大な芝生広場がある此の貯水池の堤防に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

9月は川越不動尊へ

 正月・5月・9月成田不動尊にお参りするのが、我が家では先代からの習わしである。 しかし本年9月都合で成田に行けなかったので近場の川越不動尊へ、川越には足腰の神様・川越八幡宮や、毎年1月3日大賑わいで超有名な川越大師あり三社にお参りしてきた。 ←写真上クリックで大きくなる川越不動尊  足腰の守り神 「川越八幡宮」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パソコンスタート自作画面の色々

 パソコンを開いた時のスタート画面は、何にしようかといつも思うが、今回は私が今までに用いた自作スタート画面をUPしてみました。 ←左の写真は小学校の遠足で良く出かけた荒幡富士から見た本物の富士山です。右側に大沢崩れのシワがあるのが特徴です。 (写真:拡大します)  八ヶ岳から見る北岳・甲斐駒・仙丈岳        …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本町25日会のバス旅行は・・・

 本町25日会今年の旅行は、山梨県石和温泉に一泊し、御岳昇仙峡辺りを巡るバス旅行と決まり、無理のないリラックス出来る旅でした。 昇仙峡は日本一の渓谷美として知られ、「武田信玄」ゆかりの武田神社はじめ恵林寺、更にハーブガーデン、ワイン工場、また世界遺産に登録されることになった富士山麓に雪解け水が湧く、忍野八海等ありこれらを巡るバス旅…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

初めて見る「なんじゃもんじゃの木」

*・・今から70年も前に理科の先生から、君達の中で「なんじゃもんじゃの木」を知っている人がいるか・・・と問われたことを、思い出しながらこの木を見た。・・・*  満開に花を付けたなんじゃもんじゃの木   ナンジャモンジャの表示板   ナンジャモンジャの花UP  武蔵野の水と緑と寺…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遅ばせ乍らの護摩焚き

 千葉の成田山には先代から毎年正月と5月・9月、いわゆる正五九(しょうごうくう)にお参りするのが習わしであったが、何分にも遠いので遅らばせ乍ら今年は成田山川越別院にお参りし、家内安全の護摩を焚いてもらった。 ←川越別院の正面(写真大きくなります)  成田山川越別院の本堂                  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の恵方参り

 1月17日になって、ようやく気になっていた恵方参りに、その方向に位置する熊野神社へ行くことが出来、その後更にその延長方向の川越不動尊で、家内安全の護摩を焚いてくる事が出来た。  昨年は東日本大震災等大変な年でしたが、今年一年はどうか安全であって欲しいと願うのみです。 写真は久米川の熊野神社奥社(拡大します)    川越…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋葉神社秋季例祭

 火の神様で知られる、さいたま市西区の秋葉神社秋季例祭が、毎年12月18日行われ、春季例祭(4月18日)と共に近郷近在から、多くの人(特にお年寄りが多い)が詰めかけ、大変な賑わいを見せている。  旧大宮市には盆栽村あり、また近くに植え木の街川口もあってか、花屋さんや植木屋さんが沢山出店し、独特の賑わいをみせているのが特徴である。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋彩!奥久慈三名所

 日本三名瀑の一つ「袋田の滝(高さ120m・巾73m)」は四段にわたって流れ落ち、水量の多い時は将に圧倒される壮大な滝です。 他の名瀑は云わずと知れた日光「華厳の滝」と「那智ノ大滝」です。  平成23年3月11日の東日本大震災と、東電福島原発のメルトダウンによる放射能汚染が心配されるためか、例年より観光客が大幅に激減していると云わ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秩父の三神社(放映中)

 12号台風襲来前の8月29日、お天気だったので秩父の「天然かき氷」と思い、出かけてみたが、なにせ長瀞の阿左美冷蔵本店及び宝登山店ともに、あまりの大行列に只々ビックリ。 仕方なく断念し、その後秩父三神社を巡ってきました。 ビデオのURL=http://www.youtube.com/watch?v=_85pF7RhSMk (…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋葉神社秋季大祭へ

 火防、盗難除、厄除、開運の神社として親しまれている秋葉神社が、家内の出身地旧大宮市櫛引(現さいたま市)近くにあって秋季大祭に家内と出かけ、過ぎゆく年の安泰を奉謝し新しき年の吉年を祈願するのが習わしです。  春秋大祭(4月18日と12月18日)は何時も大変な賑わいをみせています。    お祓いする神官      …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東大病院に入院見舞い

 永いこと地域の警察懇話会長をし、且つ親密に諸事相談に乗ってくれている従兄弟が、この程東大病院の肝胆膵外科に入院されたので、都内本郷にある病床に彼を見舞った。  我が国最先端の高度医療機関であるだけに、全面的に信頼を寄せ予定のオペが無事に済み、退院されることを願っている。   広いキャンパスの一角にある病院     …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

信州の善光寺参り

 1707年再建された現在の善光寺本堂は、江戸時代中期の代表的仏教建築で、もこしを廻らせた二重屋根は総檜皮葺(ひわだぶき)にして日本一の規模と云う。  牛に引かれて善光寺参りではないが、昨年から家内の希望もあって車で出かけ、真っ暗闇の御本尊下のお戒壇めぐりもしてきた。信州と云えばお蕎麦でこれも楽しみの一つです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

絢爛豪華な聖天宮(せいてんきゅう)

    写真は三層屋根の前殿  埼玉県坂戸市に絢爛豪華な道教の聖天宮があると知り訪ねてみた。 貿易で財をなした台湾出身の康国典(こうこくてん)大法師が、神のお告げでこの地に15年の歳月をかけ平成7年開廟したと云う。  この宮殿は道徳と善行の最高位「三清道祖」を祀る宮ですが、案内する人の話では鳩が寄り付かず糞害が無いそうです。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

孫娘の大学合格祈願

 1月16日大学入試センター試験が行われたが、孫娘が希望する大学の合格祈願に、私ども夫婦で国立市甲州街道沿いにある谷保天満宮を訪れた。  学問の神様菅原道真を祀る天満宮だけあって大変な数の絵馬があった。 甲州街道沿いの谷保天満宮入口                  本殿脇の立派な社務所 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

塩船観音・つつじが全山満開

 5月1日(金)天気が良かったので再度「塩船観音」を訪れてみた。 色取りどりのツツジが全山丁度満開で壮観と云うか圧倒される思いでした。 ゴールデンウイーク中の平日にも拘らず、大変な賑わいをみせワンコイン100円の鐘突きが殆んど鳴りっ放しだった。  5月3日行われる「火渡り荒行」の準備も行われていた。 写真は何れもHi-visio…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

花の寺塩船観音

 開山以来1,360年経つ、歴史と花の塩船観音寺(青梅市)は、終戦後多くの壇信徒の計らいで、船底のような周囲の丘につつじを植え、今日では花の寺として親しまれている。 写真=盆地状の境内を埋め尽くす2万本のツツジ:4月23日撮影のため少々早かったか?(拡大する写真) 堂を囲むように、つつじの花が一杯        …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

火防(ひよけ)の秋葉神社

 火防(ひよけ)、盗難除の神、秋葉神社関東総社がさいたま市西区(JR指扇駅近く)にあり、12月18日は秋季例祭で近郷近在から多くの参拝者が集まり大変賑わう。 4月18日にも春季例祭があり我が家では毎年参拝に訪れる習わしとなっています。 この日天気良く、看板が目立つ                   神社本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ぴんころ地蔵」参り

 鯉の産地佐久地方は、住みやすい長寿の里として知られ、健康で長生き(ぴんぴん)、楽に大往生(ころ)を願う「ぴんころ地蔵」が人気を呼んでいる。 テレビを見て家内が行ってみたいと云うので、10月2日久しぶりに自家用車で佐久地方を訪れた。 (←写真拡大します) ぴんころ地蔵入口                    …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

但馬路行きで夢実現

 47都道府県のうち最後に残っていた鳥取県を、家内と共に但馬路を尋ねたことで、日本全国すべての都道府県を旅するささやかな夢を、実現することが出来ました。 お陰でビデオの旅記録が手元に残り感激しています。 いずれも拡大する写真 16キロにわたる鳥取砂丘                      気持ちよく素…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

B29に纏わる観音像秘話

 昭和20年4月2日未明東京大空襲の時、B29が地上砲火で小俣家庭先の茶畑に積んでいた爆弾もろとも墜落、40mの大穴を開け乗員11名全員が死亡する、ど偉い事件が起きた。  戦死した乗員の肉片を拾い集め小俣家の墓に埋葬、その後落ちた場所に小さな平和観音像を建立しているが、このことは意外に知られてない。(←拡大する写真) 参…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

日の出山荘

 中曽根元首相がレーガン大統領夫妻を招いて会談した所謂「日の出山荘」は余りにも有名ですが、この山荘が土地と共に所在地の東京都日の出町に寄付され、平成19年11月から一般に公開されています。 ←写真が拡大します 山荘はその後建てられた記念館と共に、入館料一般200円、65歳以上と高校生100円、中学生以下と障害者は無料、月火(祝日…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トトロの雑木林

 狭山丘陵の東端にある八国山緑地は、アニメ映画「となりのトトロ」のモデルになった所とされ、標高89mの山頂から甲斐、相模等8ヵ国が眺望出来たと云う。 貴重な保存緑地はコナラ・クヌギ等で覆われ散策路として親しまれている。 ←拡大する写真 緑地全体図                             整備され…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

国宝地蔵堂特別展(放映中)

 建立600年記念、国宝千体地蔵堂の特別展が12月16日(日)まで、東村山市ふるさと歴史館で開催されています。平成17年32年ぶりに屋根が全面的に葺き替えられた時の様子を納めた「名刹を訪ねる」を放映中です。  その時のビデオは、次のビデオ作品中の三番目にあります。 http://www.greggtoland.com/video…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

穏やかな歳を願って

 謹賀新年 東京の今年の正月は、天気予報と違って元日から5日まで、穏やかな良いお天気続きでした。  我が家では、慣例で元日は菩提寺へ年始のご挨拶、その後4日まで3人の孫達も含め、延べ19人が年始に訪れてくれました。 今年の歳徳神(恵方)は、北北西「壬」の方角ということで、5日になって「久米水天宮」へ初詣しました。 今年もどうぞ変わ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

黒滝山不動寺と五老峰(放映中)

 上州には特異岩峰がいくつもあり、下仁田から入山する黒滝山不動寺は、断崖絶壁に囲まれるように不動堂が建てられている。 山奧深いこの寺は、およそ1000年の歴史があり、五代将軍綱吉が帰依した潮音禅師によって、黄檗宗黒滝派の中心霊場として再興されたという。  此処の精進料理は中国伝来の黄檗普茶料理で、一流料亭に劣らず一度は賞味したい優…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ビデオ上映会案内

 東村山SUNさん散歩・全4コース(市内の名所・旧跡を中心にビデオで紹介する市内めぐりの共同作品)及び個人作品の上映会が次のとおり開催されます。(入場無料)                      日時:平成18年6月4日(日)午後0時半開場、同1時開演             場所:東村山ふるさと歴史館(東村山駅西口下車歩8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝登山の臘梅園

 花が黄色で珍しく、まるで臘で出来ているような梅の花に似ているところから、この名が付けられている。 臘梅の代表的な「満月臘梅」、 ほかに花弁がやや細い「素心臘梅」、花心が褐色を帯びた「和臘梅」の三種が見られる。 山の北斜面にはまだ雪が残り、臘梅は将に真冬の花である。  秩父長瀞駅近くの宝登山ロープウエイで行くと、山頂駅から宝登山頂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more